一般建設業と特定建設業の違い

元請業者として建設工事を請負い、下請けに出す場合の金額が3000万円以上(建築一式は4500万円以上)の場合は、特定建設業の許可が必要です。

同一業種について、一般と特定の両方の許可は受けられません。

建設工事を下請業者として受注する場合は、特定建設業の許可は不要で、一般建設業の許可で足ります。

建設工事を元請として請負った場合でも、下請けに出す金額が3000万円未満(建築一式は4500万円未満)の場合は、特定建設業の許可は不要で、一般建設業の許可で足ります。

3000万円以上(建築一式は4500万円以上)の場合は、特定建設業の許可が必要です。

金額は、消費税込みの契約金額で決定し、複数の業者に下請けに出す場合は、その合計金額となります。

なお、建設工事の丸投げ(一括下請け)は禁止されております。

特定建設業のうち、土木一式工事、建築一式工事、舗装工事、電気工事、管工事、鋼構造物工事、造園工事については「指定建設業」とされており、専任技術者には1級の国家資格者などを置くように義務付けられております。

お客様との信頼関係構築を第一に考え、迅速かつ丁寧なサービス提供をお約束致します。
全国対応!相談・問い合わせ無料 建設業許可取得・会社設立をご検討されている方は遠慮無くお問い合わせ下さい!
建設業許可の申請なら建設業許可申請代行センター
行政書士山下綜合法務事務所
代表行政書士 山下 剛芳(やました たけよし)
日本行政書士会連合会 東京行政書士会所属
東京都調布市仙川町1-10-4 第2伊藤ビルA-205号
TEL 03-6666-1855/FAX 03-5314-9292
電話受付時間 10時~19時まで(土日祝日休み)
E-mail :
事務所総合サイト : http://www.usolution.jp/

このページのトップ